真を織る

ありのままであること。
あるべき姿を
本来のやり方を守り通し、
真心を込めて織り上げること。

糸づくりから

倉敷帆布の品質に重要な役割を果たすのが、自社内に守り続けてきた高度な糸撚り技術です。原糸から撚り合わせられる糸、一本一本のしなやかさと強さが大きな特徴です。


感覚という宝

経糸を整える際に求められる微妙な糸の張り具合など、倉敷帆布のさまざまな工程で欠かせないのが職人の経験と感覚です。現代においても、その技術を機械に変えることはできません。


美しさは伝統

「セルヴィッジ」と呼ばれる美しく整った織物の両端は、最高の技術力と品質の証であり、倉敷帆布が一級品と称される所以です。


instagram